けんいちろうのベロベロサイト

バナー広告募集中 ヨルのお店ガイド石川 ネオン (Neon)
2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  


» 2019 » 2月 » 11のブログ記事

わかばやし

| けんいちろうの… |

image1_51.jpeg image2_24.jpeg image3_17.jpeg image4_12.jpeg image5_9.jpeg image1_52.jpeg


金沢市新竪町にある肉屋が営む定食屋『わかばやし』を訪れた。

肉料理が自慢の飲食店として、低価格でボリュームのある定食メニューが充実、サラリーマンやファミリー層に支持されている。

当然、注文は肉料理を・・・ってか、肉そのもの「ステーキ150g定食(1500円税込)」。

「色々な部位の肉が入っているんですね?」
というオレの質問に、
「そうなの?1種類じゃないの?」
と女将は優しい笑顔で答えた。

写真を見るだけでも、明らかに違う部位の肉が入っている(笑)。
女将のユルユル感も味の内(笑)。
因みに、調理は厨房で息子さん(多分)が担当。

例えるならば・・・「肉の部位も肉のグラムもユルユルで増し増しで盛り盛りのサービス‼︎」、そんな味。

酒を飲んでいるオレに、枝豆(サービス)・漬物と煮豆・ステーキ・味噌汁・御飯、と定食なのに時間差で料理を提供してくれる心遣いが嬉しい。

ホームくっく『わかばやし(ワカバヤシ)』、[住]金沢市新竪町3-4-2、[電]076-264-2522、

法林寺温泉

| けんいちろうの… |

image1_49.jpeg image2_22.jpeg image3_15.jpeg image4_10.jpeg


石川県と富山県の県境は医王山の麓、富山県南砺市法林寺にある『法林寺温泉』を訪れた。

連休の最終日という事もあり、
こじんまりとした浴室内は鮨詰状態の大混雑・・・
9名分しか設置されていないシャワーの付いた洗い場も順番待ちの大行列・・・
完全に訪れる日時を間違えたゎ(泣)。

慌ただしく押し出されるように温泉を退出、でも、風呂あがりの肌は、ツルツルよりワンランク上のヌルヌル⁉︎

《温泉の効能》
筋肉痛・関節痛・腰痛・肩凝り・痔病・冷え性・病後回復、等

写真はパンフレットを一部引用。

天然自噴湧出温泉『法林寺温泉(ホウリンジオンセン)』、[住]富山県南砺市法林寺4944、[電]0763-52-4251、

image3_14.jpeg image2_21.jpeg image4_9.jpeg image5_7.jpeg image6_7.jpeg


必然なる偶然を装って、毎月8の付く日の「あげ丸天」ALL100円特売日に訪れる・・・それが、けんいちろう流儀(笑)。

新鮮な魚介類や高級な加賀野菜を使用した「あげ丸天」が人気の中心。

「加賀蓮根天」や「五郎島金時」の160円が100円は、原価を考えると本当に激安(驚)‼︎

具材により様々な味や食感の違いを愉しめるが、兎にも角にも、基本の揚げダネ(薩摩揚げ)がしっとりもっちりで美味。

例えるならば・・・「一撃必殺のスペシャルな大技も、基本やベースがしっかりとしていないと決まらない‼︎」、そんな味。

image1_47.jpeg image1_48.jpeg image2_20.jpeg image3_13.jpeg image4_8.jpeg


海産物の加工品を製造する会社の直営店舗で、金沢市米泉町にある味百珍『かさい』を訪れた。

のど黒に寒鰤、甘海老や蟹、
北陸を代表する海の幸の干物や珍味がズラリと並んでいるけど、

オレの目当ては・・・

加工品の販売店に併設されている、揚げたての「あげ丸天(薩摩揚げ)」が食べられるテイクアウト専門店。

味百珍『かさい(カサイ)』、[住]金沢市米泉町8-15、[電]076-247-2262、

image1_46.jpeg image2_19.jpeg


沖縄県に遊びに行っていた息子「小けんいちろう」より土産物を貰った。

オレが沖縄県の名物「島らっきょう」が好物であると事前に調べて、息子がオレへの土産物として「島らっきょう」を選んだと妻から聞いた。

あのバカ息子も4月には中学生になるという事で、少しは父親への気遣いなるモノを学習したのかと、息子の成長を感慨深く噛み締めている時に気がついた・・・今週の木曜(14日)は彼の誕生日だった!!!

学習したのは、
父親への気遣いではなく、父親への圧力であった(笑)。

そして、成長したのは、
ただ単に要領の良さだけであった(笑)。

あのバカ息子‼︎

 

アーカイブ

カテゴリー